第2回IBISML研究会


テーマセッション

「コンピュータビジョンとパターン認識のための機械学習と最適化」

PRMU研究会とIBISML研究会では,情報処理学会CVIM研究会と連催で,テーマセッション「コンピュータビジョンとパターン認識のための機械学習と最適化」を企画致しました.

機械学習や最適化は,パターン認識やビジョンの分野においても不可欠な技術として古くから研究されてきており,その有用性に関しては疑う余地がありません.しかし,この分野が継続的に発展していくためには,今後より多様な視点からのアプローチも必要になってくると思われます.そこで今回は,ビジョン研究者と機械学習研究者の密な議論の場を提供することを大きな目的としたいと考えております.画像認識・理解の研究者と機械学習の研究者が双方のニーズとシーズを把握することにより,新しい研究テーマが創成されることを期待しています.

本セッションでは,機械学習や最適化を用いたパターン認識・CVに関する研究発表を幅広く募集します.ツールとしてのみ機械学習を用いたビジョン研究から,機械学習の理論研究の評価に画像を用いたものまで,問題や適用のレベル等については広く捉えていただいて結構です.また,ビジョン分野と機械学習のそれぞれの分野から最先端で活躍されている講師をお招きし,双方の橋渡しとなる御講演をお願いしておりますので御期待ください.

一般発表の募集

IBISML第2回研究会では、上記テーマセッションに加えて、一般講演も広く募集します

発表申込締め切り: 2010年6月14日(月) 23:59 締め切りました。

多数のご応募ありがとうございました。

申し込みに関する注意点。

  • 「発表の分類」は「一般発表」のどれかでお願いします(特に参照しませんので適当でもかまいません)。
  • 申し込み後、担当幹事の方で簡単なチェックをさせていただきます。内容、時間的制約その他の都合で、発表をご遠慮いただく可能性もあります。
    その旨了解いただければ幸いです。

発表申し込みは、電子情報通信学会の発表申し込みシステムからお願いいたします。

カメラレディ原稿締め切り: 2010年8月9日(月) 23:59

原稿のご用意についての注意点。

  • 頂いた原稿は電子情報通信学会技術研究報告 として出版されます。
  • 研究成果の共有という趣旨のため、6ページ以上(8ページ以下)とさせていただきます。
  • 提出の形式はpdfに限ります(Wordは受け付けません)。
  • 原稿の用意の仕方などの詳細は、このページをご参照ください。

本研究会で対象とする主な分野は下記の通りです。

  • 機械学習の情報論的基礎理論、統計数理、計算論的基礎理論、統計物理学的基礎理論
  • 機械学習のデータマイニング応用
  • 機械学習の信号処理への応用
  • 機械学習のパターン認識・識別への応用
  • 機械学習の自然言語、音声処理、画像処理への応用
  • 機械学習のバイオインフォマティクスへの応用
  • 機械学習の金融工学への応用
  • 機械学習のロボット制御への応用
  • 機械学習の生命科学・脳科学への応用
  • その他機械学習応用

プログラム


こちらをご覧ください。