研究会資料(技術研究報告)


IBISML研究会の発表資料は 電子情報通信学会 技術研究報告書 として出版されます.

入手方法

技術研究報告は当日に会場にて販売しています(著者には各原稿ごとに一部ずつ贈呈しています.)価格は各回ごとに異なりますので「研究会資料(技術研究報告)当日資料代一覧」を参照して下さい.

確実に入手いただける年間予約もございます.予約の詳細については「電子情報通信学会 技術研究報告 予約のご案内」をご覧ください.

過去1年にわたって残部のあるものについては個別に販売もしております.詳しくは電子情報通信学会の「技術研究報告の入手・閲覧・複写について」をご覧ください.

投稿案内

投稿に関する注意点

  • 頂いた原稿は 電子情報通信学会技術研究報告 として出版されます.
  • 申し込みは 「電子情報通信学会 研究会発表申込システム」 からお願いします.
  • 申し込み後に(タイトルおよび概要、その他必要事項を記入する),受付メールがシステムから送られます.それに従ってカメラレディ原稿をアップロードして下さい.
  • 「発表の分類」は「一般発表」のいずれかでお願いします(特に影響を及ぼしません).
  • 発表の形式
    • 研究成果の共有という趣旨のため、4ページ以上 8ページ以下 とさせていただきます.
    • 回によっては2ページのショートペーパーが企画される場合があります.各回の開催案内でご確認ください.ショートペーパーを投稿される場合は,講演の分類で[ショートペーパー]を選択いただき,タイトルの先頭に【ショートペーパー】(和文原稿)または【Short paper】(英文原稿)と入れてください.また,本文の紙面を確保するため,和文原稿の場合:英文タイトル・所属・アブストラクト,英文原稿の場合:和文タイトル・所属・アブストラクトは省略可といたします.
  • 提出の形式はpdfに限ります(Wordは受け付けません).
  • 原稿の用意の仕方などの詳細は 研究会発表・参加方法FAQ:発表申し込みから原稿提出まで をご参照ください.
  • LaTeX2εのスタイルファイルは 電子情報通信学会のスタイルファイル配布サイト より入手できます.
  • IBISML研究会の発表者には,発表一件につき,発表を掲載した技術研究報告書を一部を無料進呈いたします.

対象とする主な分野

  • 機械学習の情報論的基礎理論、統計数理、計算論的基礎理論、統計物理学的基礎理
  • 機械学習のデータマイニング応用
  • 機械学習の信号処理への応用
  • 機械学習のパターン認識・識別への応用
  • 機械学習の自然言語、音声処理、画像処理への応用
  • 機械学習のバイオインフォマティクスへの応用
  • 機械学習の金融工学への応用
  • 機械学習のロボット制御への応用
  • 機械学習の生命科学・脳科学への応用
  • その他機械学習応用

著作権規程