オンライン開催手引

Pocket

すべての参加登録者に slack への招待をお送りしました.
未受信の方はお手数ですがお名前と登録番号(ibis + 4桁数字)を添えて ibis2020@ibisml.org までご連絡下さい.

すべての参加者の皆様へ

本ページではオンライン開催される IBIS2020 の会期中にみなさまに使っていただくツール類の手引を記しています.特に,IBIS2020 では Zoom ウェビナーで配信される発表における質疑を Slack 上で行うよう設計されています.下記の項目をご一読の上ご利用ください.すべての参加者にとってより良い学会経験となるようご協力をお願いいたします.

Zoom ウェビナーについて

  • すべてのセッションは Zoom ウェビナーで開催いたします.
  • Zoom ウェビナーのURL・パスワードは 11/23(月・祝) 09:00 までに参加登録者にメール予定です.また slack 内でも共有予定です.
    • 招待講演・チュートリアル・企画セッションの Zoom ウェビナーのURLはプログラムからもアクセス可能です.
    • 一般セッションはパラレルで開催されます.それぞれのセッションの Zoom ウェビナーのURLは一般セッションからもアクセス可能です.
  • Zoom ウェビナーのチャットや質疑応答機能は使いません.質疑応答はすべて slack 上で行います.詳しくは以下をご覧ください.

Slack について

  • すべてのセッションの質疑は Slack 上で行います。
  • Slack への招待は 11/9(月) ~ 23(金) に順次参加登録者にメール予定です.
  • Slack の設定や各チャンネルについての詳細は以下をご覧ください.

Slack のプロフィール設定について

  • Slack の2種類のプロフィール欄には本名と登録番号 (ibis + 4桁 の数字部分) を次のようにご記入ください.
  • その他の項目 (アイコンや役職・担当欄など) はご自由にご利用ください.
  • 企画・チュートリアル講演者に限り登録番号の記載は不要です。代わりに表示名の最後に (講演者) と記載下さい.
欄名記入内容記入例
氏名本名+参加ID学習 花子 (1234),hanako.gakushu.1234
表示名本名学習 花子,hanako GAKUSHU
プロフィール写真自由顔写真,SNSアイコンなど
役職・担当自由所属など

Slack のチャンネルについて

発表に関する質疑や参加者同士のコミュニケーションのために,2種類のチャンネル (セッションチャンネル・個別チャンネル) を用意しております.

セッションチャンネル

各セッションにおいて座長・発表者・聴講者が集まるチャンネルです.スケジュールに沿って Zoom ウェビナーを通じて発表動画を流しながら Slack 上で質問を受け付けて座長が質問を選択し発表者が音声または Slack 上で回答を行います.講演者・発表者はこのチャンネルへの出席と質問対応が求められています.各セッションチャンネルの命名規則は以下のとおりです.

  • 招待講演:#招待講演X_講演者名
  • チュートリアル:#チュートリアル
  • 企画セッション:#企画X_企画名
  • 一般セッション:#一般セッションX
    一般セッション「X-Y セッション名」は X 日目に開催、Slack 上の #一般セッションY で質疑応答を行うことを意味します。
個別チャンネル(一般発表のみ)

学会期間中にわたって発表者と質疑・討論が行えるチャンネルです.セッション進行チャンネルから漏れた質問や,時間のかかりそうな議論などの用途を想定しています.ただし,発表者にはこのチャンネルでの質問対応は推奨されているのみなので,回答がほしい質問がある場合はセッションへの参加をお奨めします.個別チャンネルの命名規則は #一般XXX_発表者名 です.

その他のチャンネル
  • #general: PC委員からの連絡に利用します.こちらでの雑談はお控え下さい.
  • #random: 一般参加者の雑談にご利用下さい.
  • #help: Slack 利用やオンライン参加について疑問やお困りの点がある場合にこちらでご相談下さい.
  • #オンラインランチ交流会: オンラインランチ交流会の参加者への連絡用チャンネルです.参加申込者は本チャンネルにご参加下さい.
  • その他: チャンネルの作成は自由です.特定のテーマに沿った情報交換などを行いたい場合は適宜ご利用ください.その場合は,上記のセッション進行チャンネルや一般発表個別チャンネルと見分けのつけやすいチャンネル名として下さい.

Slack 上のコミュニケーションについて

  • 発表者・質問者に敬意を払った対応を心がけて下さい.
  • 他者を不快にさせたり傷つける言動はお控え下さい.
  • 電子情報通信学会の著作権・倫理・行動規範を遵守下さい.
  • 他者とのコミュニケーションにお困りの場合は以下の何れかの方法で運営委員・PC委員にご連絡ください.
    • ibis2020@ibisml.org へのメール
    • slack 上の運営委員・PC委員へのDM
  • 場合によっては発言の削除,ユーザのチャンネル・ワークスペースからの削除を行います.

Vimeo について

  • すべての一般発表・招待講演と一部のチュートリアル・企画発表は Vimeo 上で公開予定です.
  • Vimeo のパスワードは 11/23(月・祝) 09:00 までに参加登録者にメール予定です.また slack 内でも共有予定です.
  • Vimeo の URL は各セッションのプログラムをご覧ください.
  • Google Drive 上の発表資料も Vimeo と同じパスワードで閲覧可能です.

発表者の皆様へ

提出いただいた発表動画に基づいて2種類の質疑の機会が設けられます.

セッションチャンネルでの質疑(必須)

予め決められたスケジュールに沿って発表動画を Zoom ウェビナーを通じて配信し,聴講者からの質問に答えます.発表者の方は必ず割り当てられたセッションにご参加ください.

  • 発表に対応する Zoom ウェビナーへの招待メールが事前に届きます.当日はそちらから Zoom ウェビナーにご参加ください.
  • 発表に対応するセッションチャンネル(例: #一般セッションX)へ予めお入りください.
  • 各発表の質疑応答の時間に座長が代表して質問を選んで読み上げます.
  • 発表者は各質問に対して Zoom ウェビナーを用いて音声(必要に応じて画面共有可能)でご回答ください.
  • 音声トラブルなどがあった場合は Slack にてテキストでご回答ください.
  • 可能な範囲で動画放映中に slack 上の質問に slack 上でご回答下さい.

個別チャンネルでの質疑(推奨・一般発表のみ)

セッションチャンネルから漏れた質問や時間のかかりそうな議論などを行うためのチャンネルです.こちらへの質問への回答は発表者の方は義務ではありませんが,気づいた際には極力ご対応をお願いいたします.

  • 自身の個別チャンネル(例: #一般XXX_発表者名)へ予めお入りください.
  • 学会期間中に質問が投稿された場合はご回答ください.
  • 学会期間後に質問が投稿された場合は可能な範囲でご回答ください.

座長の皆様へ

数件の発表から成るセッションの進行をお願いいたします.発表は1件あたり15分で,プレゼン動画を放映した残りの時間が質疑応答となります.ご自身で15分の時間管理をお願いします.プレゼン動画の放映は補佐(ホスト)が行います.

  1. ご担当セッションの Zoom ウェビナーへの招待メールが事前に届きます.当日はそちらから Zoom ウェビナーにご参加ください.
  2. ご担当のセッションチャンネル(例: #一般セッションX)へ予めお入りください.
  3. セッション開始前に下記をご確認ください.
    1. 補佐(ホスト)に自身の音声が正しく聞こえているか.
    2. 補佐(ホスト)の放映する動画の音声が正しく聞こえるか.
    3. セッションの発表者が Zoom ウェビナー内にパネリストとして参加しているか.
    4. セッションの発表者がセッションチャンネルに参加しているか.
  4. セッション開始時にすべての参加者に対して以下の周知を行って下さい.
    1. 自己紹介
    2. セッション名
    3. 発表時間(一人15分でプレゼン動画放映の残り時間が質疑応答)
    4. 聴講者は質問・反応をセッションチャンネルに書く旨
    5. 発表者は放映中は slack で質問に回答し、質疑応答では音声で質問に回答する旨
  5. セッション開始後は下記のようにご進行ください.
    1. 発表タイトル,発表者の紹介する.
    2. 補佐(ホスト)がプレゼン動画を再生する.
    3. 発表を聞きながらセッションチャンネルから良い質問をピックアップする.
      既に slack 上で解決済みでも,有益な情報であればあえて口頭で質問するのも問題有りません.
    4. 補佐(ホスト)がプレゼン動画を停止する.
    5. セッションチャンネルからピックアップした質問を読み上げて発表者から回答をもらう.
    6. (余裕があれば)回答後,該当質問に Slack 上で「解決」リアクションをつける.
    7. 発表時間が終了したら残りの議論を一般発表個別議論セッションへ誘導し,次の発表へ進む.

聴講・質問者の皆様へ

質問は2通りの方法で行うことができ,いずれも Slack で投稿する形式です.一般発表は発表動画が学会期間中に Vimeo にて公開されています.Vimeo には各セッションのページからアクセス下さい.

セッション中の質問

  • 招待講演・チュートリアル・企画セッション・一般セッションはそれぞれ対応するセッションチャンネルが存在します.そちらでご質問ください.
  • セッション中の質疑応答の時間に座長が代表して質問を選び,読み上げて質問します.

セッション外の質問

  • すべての一般発表には個別チャンネルが用意されています.
  • 個別のチャンネルに参加し,そちらでご質問ください.
  • ただしこちらのチャンネルへの回答は義務ではないため,回答がほしい質問がある場合はセッションへの参加をお奨めします.

連絡先

以下に該当される方はお手数ですがお名前と登録番号(ibis + 4桁数字)を添えて ibis2020@ibisml.org までご連絡下さい.

  • 11/20(金) 17:00 までに Slack の招待メールが届いていない方
  • 11/23(月・祝) 09:00 までに各種パスワードのメールが届いていない方